ONDORI ヤングシリーズ あみぐるみ

スポンサーリンク

 

表紙から可愛すぎて、思わず目が惹かれてしまう。
かわいい昭和のデザインが満載!
ONDORI ヤングシリーズ あみぐるみをご紹介します。

 

スポンサーリンク

昭和のあみぐるみの名作本 ONDORI ヤングシリーズ あみぐるみ

 

ONDORI ヤングシリーズ あみぐるみ 昭和の編み物本

 

ONDORI たのしいあみぐるみの表紙は、パンダとくま(?)
ちょっと渋い表情をしているパンダがとっても可愛い~
昭和のあみぐるみ本の名作の1つです。

ONDORI ヤングシリーズ あみぐるみ
昭和48年 全128ページ
シュールから可愛いあみぐるみのアイデアが面白い1冊。
昭和の名作本です。

 

ネコとイタチの編みぐるみ

ONDORI ヤングシリーズ あみぐるみ ねこ

ねこの編みぐるみはよく見かけますが、イタチですよ・・・イタチ(笑)
いきなり渋いですよね。

イタチに気を取られてしまいましたが、猫の糸の使い方がとっても上手♪

イタチの編みぐるみを作ったら、

それがイタチと認識してくれるのはどのくらいの割合でしょうかね?(笑)

 

雪合戦のねずみの編みぐるみ

ONDORI ヤングシリーズ あみぐるみ ねずみ

もうこの本は渋いのしか無いです(笑)

雪合戦のネズミという設定が渋すぎです。
しかもこのネズミ、妙~に胴が長くて、足が長い(笑)

デザイナーさんの発想が面白すぎます。

ねずみのキャラクターで、こんなスタイルのいいものは初めて。

地下室も魔女

ONDORI ヤングシリーズ あみぐるみ 地下室の魔女

どうですか?
この本が昭和の名作と言われる理由が分かって来たでしょうか?

地下室の魔女ですよ。

その設定も面白いですが、それを編みぐるみとして作っちゃうのもスゴイ。

この本のデザイナーさんが大好きになってきました

赤ずきんちゃんの編みぐるみ

ONDORI ヤングシリーズ あみぐるみ 赤ずきんちゃん

これもシュールです。

設定は赤ずきんちゃんなのですが、それを木の陰から見つめるオオカミがリアル(苦笑)
これ、本当に好きでしょ(LOVE)

オオカミさんストーカーにならないでね。

と思わず突っ込みたくなる編みぐるみ満載です。

僕もこのデザインナーさんのファンになっちゃったよ。

 

ONDORI たのしいあみぐるみは、シュールだけではなく、面白くて、可愛いアイデアが満載の昭和のあみぐるみの代表作です。

ONDORIヤングシリーズ手芸 あみぐるみ はこちら

【再販】ONDORI ヤングシリーズ手芸12 あみぐるみ | 昭和レトロな雑貨と本屋 powered by BASE
ご覧いただきありがとうございます。★可愛すぎる昭和のあみぐるみ本★希少で、今となっては新しく感じる昭和レトロなあみぐるみの本です。特に動物が個性的で、ユーモアあふれています。□年・ページ数昭和51年全104ページ□状態について昭和の本のため、多少のヤケ、ヨゴレがありますが、読む分には問題無いかと思われます。こちら古い本20
タイトルとURLをコピーしました